陸前高田市にて

今年に入ってからスタッフは陸前高田市を訪れる機会があり、「こころのもり」で居室訪問活動に参加させていただきました。

「こころのもり」はボランティアセンター出張所『とまり木』を拠点とし陸前高田市内で傾聴ボランティアを行う活動団体です。ボランティアセンターもご協力させていただいております。

 

スタッフは今回初めて陸前高田市に訪れて、車の窓から見る光景は想像もできないものでした。

車のカーナビゲーションで見るとあったはずの建物などがなく、震災後いまだに残っている建物やかさあげされた盛り土が続いておりました。また道路のあちこちに津波がここまで到達したという看板がいくつも目に止まりました。

今年の5月に撮影された陸前高田市の様子

活動に入ったのは301世帯ほど被災された方が住んでおられる岩手の大きい復興公営住宅。仮設住宅に訪問させていただいていたが仮設住宅に住む方が減り、復興公営住宅へ訪問の動きがあるとのこと。代表の方からお話を聞いて仮設から住民さんの移転の動きがあることを知りました。

活動の前には活動者全員で集まり、ミーティングを行います。初めての顔合わせで緊張しましたが、皆さんがとても暖かく居心地が良い中で一緒にお昼を食べたのが印象的です。活動は2人1組を組み、訪問先を共有しお伺いします。

 

居室訪問活動をさせていただくのは初めてで、ただお話を聴くことだけしかできませんでした。訪問した住民さんとのお話の中で、私と組んでいた方も陸前高田市で震災された方であることを知りました。そのお話を聴いて住民さんは震災当時のお話や住んでからの悩みなどを打ち明けてくださいました。

震災のお話は、頭で想像するだけでも涙が出てしまうようなお話。しかし、涙を見せることは活動中はいけません。涙をこらえながら住民さんのお話を聴かせていただいたのを今でも覚えています。

活動後は振り返りを組んだ方と行います。気づいたことや組んだ方とのお話の中で、悩みや悲しみに寄り添う存在、聴いてくださる方がいることに私はとても心強さを感じました。

 

9月3日(日)に陸前高田市でボランティア養成講座がございます。ご興味・関心のある方ぜひご参加ください。