荒浜地区にて

キッズ広場の近くに津波避難ビルが建っていました。今年の3月にできたばかり。消防団施設が併設されているようです。

 

2017年4月30日(日)に『荒浜小学校』が一般公開されました。東日本大震災で300名を超える方が避難され、校舎の2階まで津波が押し寄せたと言います。被災沿岸地域の中で学校を遺構とするのは初めてとのこと。

 

校舎の外周や1階、2階に津波の爪痕が残されており、4階には震災直後の写真や映像、震災の備えなどの展示があります。また、屋上に上がることができ、荒浜地区の震災前後の風景を見ることができ、展示などは自由に見学をすることができます。

 

今年の3月11日に『荒浜記憶の鐘』のモニュメントの除幕式がありました。青銅の鐘がついており、鳴らすことができます。

 

※写真のチラシは荒浜小学校で入手。5月現在のものです。

0 コメント

キッズ広場にて活動

大型GWも後半に突入してきました。今年のGWは長いです!!皆さんお休みを満喫されているでしょうか?

 

静岡県、京都府からボランティアさんが来られ、仙台市若林区荒浜にてキッズアグリファーム荒浜(キッズ広場)のメンテナンス作業を行いました。筆者も一緒に活動させていただきました。雲一つない、とても良い天気でした

 

管理されている方はしばらくキッズ広場を見に行くことができず、お手伝いにきてほしいとの依頼を受けたことが今回のきっかけ。

筆者は昨年の11月にボランティアに入らせていただいたのですが、また違った春らしい姿を感じることができました。

作業中に駐車場と書いてある部分に草刈り機が入ってきました。管理されている方に聞いてみると、地元の方が畑や田んぼで作業する時などに、共同で車を止めているんだよと教えていただきました。地元の人たちで互いに協力されていることを知りました。

今回の作業は花壇と畑の除草を行いました。ビフォーアフターをご覧ください。


花壇の除草 お花と雑草がコラボレーションしてました

綺麗な花壇に元通りになりました


スコップなどを使って根っこを根こそぎ取りました

  何が生えていたかわからないほど綺麗になりました

 


キッズ広場は今現在も進行中で作られています。解散する時に、またボランティアに来てほしいなと話されておりました。ボランティアを募集しておりますので、気になる方はボランティアセンターへお問い合わせくださいませ(*^-^*)ご連絡お待ちしております!

0 コメント

呼びかけ☆『岩沼市 千年希望の丘植樹祭2017』

さわやかな風に若葉の緑がまぶしい季節がやってきました。

この季節、毎年開催される岩沼市の千年希望の丘の植樹祭。

今年は5月27日(土)に開催されます。

 

 

次世代の子供たちを守るために森の防潮堤をつくるという大きな大きな事業です。

千年希望の丘植樹祭2017

(リンクから詳細ご確認ください)

 

5年目となる岩沼市での植樹祭は、実は今年が最後となります。みなさま、ぜひ参加されてみませんか?

 

ボランティアセンターから活動車両を2台ご用意いたしますので、10名までその車両にて活動に入っていただけます。

 

この活動をご希望の方は、平成29年5月16日(金)までボランティアセンター事務局にて受け付けています。お子様のご参加も大丈夫。ムリなく親子で参加される姿もよくある光景とのこと。

ボランティアさん同士で一緒に活動できる日になるといいなと思いながら、ご参加をお待ちしています。

 

 

0 コメント

事務所不在のお知らせ

事務所不在日についてお知らせいたします。

 

5月5日(金)

5月13日(土)

 

スタッフ不在のため、ボランティアさんの受け入れや電話対応ができなくなりますので、5月6日(土)、5月14日(日)の活動を予定されている方は、お早めに当ボランティアセンターへご連絡ください。ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力のほどお願い申し上げます。

 

 

0 コメント

さくら並木ネットワークにてお手伝い

東京からボランティアさんが来られ、筆者もさくら並木ネットワークさんの活動のお手伝いさせていただきました。

 

場所は若林区種次中野地区。地元の方と支援の方々と一緒に植樹を行いました。ボランティアセンターは肥料運びなどの植樹のサポートをいたしました。

その中に震災当初ボランティアセンターを利用されていたボランティアさんと偶然にもお会いすることができました。

植樹は午前終了。午後はボランティアさんとさくら並木ネットワークさんと一緒に桜のポット入れのお手伝いをしました。木一つに対しポットが一つ。穴を掘ってポットを入れるという地道な作業。植樹の木が植樹会に向けて一つ一つ大事に準備されていることを知ることができました。

震災当初から植樹した場所に入られていたボランティアさん、地元の方、さくら並木ネットワークの代表から『震災当時はたくさんの流入物があり、人が入ることができなかった。道路を超えると住むことができないところもある。』というお話を聞いて、当時この場所で、何があったのかを実際に自分の目で見て、聞くことが大切だと思いました。

0 コメント

平成29年4月支倉サロン◇『音楽にのせて優しく体を動かしましょう』

新年度始まっての支倉サロンを行いました。サロンを開催する時期には仙台市も少しずつ暖かくなってきているなあと実感。

 4月の支倉サロンは、強張った体をほぐすように、春のウキウキする気持ちを感じることができたらという企画を考え、仙台市レクリエーション協会レクコーディネーター黒田スミ子さんとボランティアで来てくださっているピアニスト畑中鞠子さんにご協力いただきました。

プログラムは、口の体操として歌やパタカラ体操を行い、タオルを使っての体操、最後は全身でワルツを踊る構成です。

☆口の体操では、口は年齢とともに衰え、閉じる力がなくなってしまうため、動かさないといけないんですよという説得力のある黒田さんの言葉が印象的でした。歌は春らしい『春が来た』と瀧廉太郎の『花』を皆さんと一緒に。

☆タオル体操は、タオルを広げ裁縫の運針の動作を行なったり、場所を取らずに座ってできる体操の数々。タオルを首に回してぎゅーと!とても気持ちよさそう。

少し休憩をはさみチャイコフスキーの白鳥の湖より『ワルツ』を踊りやすいように短くゆっくりアレンジしてくださった曲とわかりやすい指導のもと、舞踏会のように踊りました。この曲は舞踏会が始まろうとしているときめくイメージで、今から暖かくなる季節にぴったりと思いました。

 

お二人の連携があったからこそ、楽しいひとときを過ごすことができたと思います。ご協力いただきましたこと感謝申し上げます。

0 コメント

物資搬送

仙台は、いま、新芽の緑が若々しさを湛えています。

車で移動中にも、春をいっぱい感じています。杜の都仙台の街並みは、自然が調和していてとてもきれいです。

この4月にも、すでに数か所へ物資をお届けに伺いました。

2月ごろには3月11日が近づくこともあり不安や動揺の声が聞かれる搬送も、

4月には春の暖かさに心ほぐされるのか、にっこり笑顔でお会い出来るからうれしいです。

 

物資搬送。必要とされているところに必要なものを届けること。そして声を聴き、次に活かすこと。

震災当初とは搬送する物資の内容こそ変わってきているけれど、基本姿勢は6年経ったいまも変ってはいません。

0 コメント

名取市 行方不明者捜索団体“STEP”

名取市閖上地区を中心に行方不明者の捜索活動をされているSTEPさんは現在、月1~2回のペースで閖上浜の捜索活動を行っています。広大な範囲の砂浜をレーダー探査し、掘り方も工夫を凝らし、少しずつ捜索を進めておられます。

これまで様々な活動を行ってこられ、当ボランティアセンターからもご協力をさせていただいております。これまでの活動を少しご紹介させていただきます。


2013年11月よりSTEPさんの側溝捜索活動に協力させていただきました。毎日のように活動の続く日もあり、かさ上げの工事が始まる前に、すべての側溝の捜索を完了することができました。

側溝捜索活動が終盤に入った、2014年10月頃より閖上浜の海岸捜索活動が始まりました。仙台高専・園田研究室と連携し、砂浜の中にお骨や手掛かりになるものがないかをレーダー探査をかけ、ボランティア一人一人の手で掘り起こし捜索される活動。始めの頃は月1回ペースですが、少しずつ捜索を続けています。

2015年2月からはヤード捜索を行いました。かさ上げ工事の前に、予定地となる場所の表面の土を削り、ベルトコンベアに流し、手や目で捜索するという活動。かさ上げ工事をされている西松JVさんのご協力の元、捜索活動を行いました。

他にもこれまでに閖上貞山堀の一部の水を抜いて一日限りの捜索活動をされたり、側溝捜索等にて見つかった名前の書いてある想い出の品を持ち主の元へお返しする‟閖上おもいで返却会”、市外にて行方不明者捜索活動をされている団体と連携をとり情報交換等をするための『行方不明者捜索活動協議会』の発足など様々な活動を展開されておられます。

これからもSTEPさんでは、行方不明の方がご家族の元へお帰りになられるようにと願いながら、活動を続けておられます。また今後、前回未捜索エリアとなる新しい場所でのヤード捜索活動を検討されているそうです。皆様のご協力をお待ちしております。

0 コメント

新年度のご挨拶

祝!新年度☆ボランティアセンターは新年度をむかえることができました。大変嬉しいことです。

 

昨年の10月より、事務所の移転、宿泊の受け入れの変更等などの縮小があり、ご迷惑をおかけすることになりました。

 

縮小する中、以前のボランティアセンターから継続して遠方から個人・団体でボランティアに来てくださる方がいらっしゃいます。

 

活動を続けさせていただくことに感謝し、ボランティア活動・お茶会・サロン活動等皆様のお力添えになるため日々取り組んで参ります。

 

HPもリニューアルしました!

 

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

0 コメント

お菓子ギャラリー 2016秋―2017春頃

サロンやお茶会のお菓子です。

2016年秋から2017年春頃にかけて、このような感じでご提供をさせていただきました。

 

今でもこうしてみなさまからいただく応援のお気持ちが

本当に心強く励みになっています。

復興は、想像以上に年月を要します。ご支援を続けてくださっているみなさま、いつもお心にかけていただきまして本当に有難うございます。

 

0 コメント

震災から6年を迎えて・・・

今年の3月11日、当ボランティアセンターより少人数ではありましたが、遠方からお越しいただいた方や地元の方と共に、ボランティア活動へ出発されました。

 

皆様はどのように過ごされたのでしょうか?

 

 友人と何気ない一日を過ごされた方

 家族と一緒に過ごされた方

 ボランティア活動をして過ごされた方

 沿岸部を回られた方

 お家で静かに過ごされた方

 地域の追悼式に出られた方

 お墓参りに行かれた方

 お一人で静かに過ごされた方  などなど

 

今年は全国各地にて七回忌法要が勤められています。

節目の年になりましたが、悲しみの心に区切りなど、きっとつけられないことと思います。終わりの見えない苦しみの中、一日一日を生きて来られ、6回目の3月11日を迎えられました。決して風化させてはいけないものが、こちらにはあるように感じます。

今後も寄りそう活動を続けさせていただければと思います。

3月上旬に立ち寄ったところにてあるパンフレットをいただきました。【写真参照】

『3月11日夜7時~星の見える時間に自分が今いる場所で線香花火をしよう』というもの。「(2011年3月11日は)雪の降る寒い夜で、あたりは真っ暗だったが星がきれいに見えていた」というお話をうかがいました。ボランティア活動ではありませんが、花火をしながら震災のことを想いつつ時間を過ごさせていただきました。

 

東北の地になかなか来られなくなっても、気持ちを向けてくださる方々が今でもおられます。他人事と思わずに ‟もし自分の身に起きていたら” ‟これから起こるとしたら” と自分の事として考えて行けないかと思います。『自分には何ができるのだろうか?』 テレビや新聞等では分からないこと、感じられないことがこちらにはあります。

 

震災から7年目に入った‟ 今 ”の被災地に目や足を向けていただければ幸いです。

0 コメント

長靴大量処分

春の訪れを感じる季節になってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

10月に教化センターへ当ボランティアセンターの事務所を移転し、半年が経とうとしております。備品のお引越しも少しずつ進んでいます。ただ、教化センターの保管スペースに限りがあるため、長靴の処分をすることとなりました。

 

当初から皆様からご寄付いただいた長靴により、多くのボランティアの方が利用され、大変助かっておりました。

少しずつ処分するようになると思いますが、処分予定の長靴は当面旧幼稚園園舎のベランダにある棚に置くようになります。(写真参照)

必要な方・ほしい方がおられましたら、スタッフまでお声かけください。

0 コメント

外作業用品 一部お引越し

旧幼稚園園舎ベランダにあった長靴・軍手類・防塵ゴーグル・救急箱・ラジオなどを教化センター(現東北教区ボランティアセンター事務所)へお引越ししました。

最近の外作業の活動で主に使われているものになります。ボランティアの方は今後、こちらからご利用ください!

0 コメント

さくら並木ネットワークにて

3月10日にボランティアさんがさくら並木ネットワークさんの活動で石巻市牡鹿半島各地の桜のメンテナンスと追肥をされました。

 

特定の場所ではなく、桜の植えているところを午前、午後とそれぞれ4カ所ずつ回られたそうです。1本1本桜の木に手作業での追肥。

 

木が鹿に食べられないように、木を囲う作業をされ、植樹よりメンテナンスの方が大変なのではとボランティアさんはおっしゃっていました。

 

ピンクの美しい桜は、誰かの手、努力が加わってはじめて花を咲かせるんだなと気づかされました。

 

旧園舎(旧ボランティアセンター)からずっとボランティアにきてくださっております。

個人の宿泊がなくなった今ボランティアさんが少なくなっている現状ですが、またお顔を見ることができたのがとても嬉しかったです。

 

またボランティアにきますと言って帰られたボランティアさん。その後ろ姿をみてボランティアさんが活動できるようにしっかりバックアップをしていかなければと思いました。

0 コメント

平成29年3月支倉サロン ◇『憶念』~春のクラシック音楽と灯火(ともしび)のつどい~

明日は3月11日。この日は様々なことが思い起こされる日でもあります。

今月はこのサロンに『憶念(おくねん)』というタイトルをつけました。

 

この日のサロンは3部構成。

      第1部/春のクラシック音楽会  第2部/ティータイム  第3部/灯火(ともしび)のつどい

 

第1部は『春のクラシック音楽会』。

春の生命力や春の気分をいっぱい感じていただきたく企画しました。困難と向き合いながらも、日々たゆみない歩みを続けるサロンのみなさまへのエールの気持ちです。演奏は、ヴァイオリン・平澤敦子さん、ピアノ・畑中鞠子さんです。

ヴィヴァルディ  四季より『春』第1楽章

パラディス    シチリアーノ

英国の古い歌   ロンドンデリー

ショパン     バラード1番

マスネ      タイスの瞑想曲

ベートーヴェン  スプリングソナタ第1楽章

みんなで歌おう  早春賦

 

冬の寒さに耐えて春を待つ心やうきうき感、春の気分を感じながら過ごせました、とサロンのみなさまからお二人に感動の声が寄せられました。平澤さん、畑中さん、とても素敵な演奏を有難うございました。

 

第2部は『ティータイム』。

おしゃべりって不思議ですね。互いに気分が上がっていき、相乗効果が生まれているのです。

 

第3部は『灯火(ともしび)のつどい』です。

憶念という言葉は、心に深く思いいつも忘れないことです。

わたくしたちが手にしているともしびは、阿弥陀如来様のひかりを象徴しています。如来の大悲にいだかれて、わたくしたちは安らかなる時を過ごしていました。

 

 

室内にはヴァイオリンとピアノが奏でる音楽が響いています。

厳かな雰囲気のなかでひかりを見つめながら、

ひとりじゃないこと、みんなとともに生きていることをみんなで一緒に感じていたい、

そして一日一日、明日へとつながる、確かな歩みを重ねていきたい、そう思いました。

0 コメント

名取市 どっと.なとり(JOCAサロン)での最後のお茶会

【左:駅前サロン、右:若林区中央市民センター別棟にて】

 

2012年から始まったどっと.なとりでのサロン活動。当初から西本願寺はお茶会活動を続けて参りました。『名取市サポートセンター どっと.なとり』にて借り上げ住宅(みなし仮設)にお住いの方を対象にした常設サロンでの支援をしていくに当たり、『青年海外協力協会(JOCA)』へ委託し運営をするとのこと。当時、仮設住宅でのお茶会活動や名取市被災者支援連絡会をきっかけにどっと.なとりとつながりを持っていた西本願寺は常設サロンの運営に協力してほしいとの依頼を受けて、お茶会へ入るようになりました。

それから4年の間に多くの方々がお心を寄せてくださり、ボランティアの参加やメッセージ・お手紙やお菓子等のご支援をいただきました。本当にありがとうございました。

当初の目的(仮設住宅のお茶会のノウハウや顔つなぎを常設サロンにもつなげること)を果たしたと判断し、西本願寺のお茶会協力は今年度で区切りをつけさせていただくことになりました。

 

現在、JOCAサロンは名取市で被災され借上げ住宅や復興公営住宅にお住いの方を対象に、名取市を中心に4か所の常設サロンを構え、仙台市・名取市内の集会所や市民センター等公共施設にてイベント・お茶っこの活動を展開されています。

 

名取市では閖上地区の移転に向けて、住宅の建設や区画整理の工事などが進んでいます。

JOCAサロンも来年度以降閖上地区に常設サロンを設置し、移転された住民の方の支援をされるそうです。

 

移転先の住宅では住民さん同士のコミュニティ形成が大きな課題となります。

当センターからもボランティアの方による交流会や曹洞宗企画のイベント、その他支援物資搬入などコミュニティ形成につながる支援を続けられればと思います。引き続き皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

0 コメント

平成29年度ボランティア保険 更新について

ボランティア保険についてのお知らせです。

 

平成28年度ボランティア保険は、加入日の翌日から平成28年3月31日までの期間になっております。期間が過ぎていた場合保険がききません。

 当ボランティアセンターでの活動・宿泊には『ボランティア活動保険《天災タイプ》』の加入が必要となります。

 

『平成29年度ボランティア活動保険』の受付が始まっています。

社会福祉協議会を窓口として年度毎の加入手続きが必要です。

4月以降も活動を予定されている方、大切な備えとしてなるべくお早めの加入をお勧めいたします。

 

詳細は、お近くの社会福祉協議会へお問い合わせください。

※追記 当ボランティアセンター近くの青葉区社会福祉協議会では、3月15日からの受付となっております。

0 コメント

おひなさま

2月のサロンにて、教化センターのサロンにお集まりの方々にお渡しさせていただいた

「おひなさまのキット」。

おうちで作って、「出来たよ!」と今日のサロンに持ってきてくださいました。

かわいいな~。

 

3月3日に間に合うように作ってくださって、ありがとうございます!

 

聞くところによると、

お孫さんと一緒に作ったりしながら

キットで遊んで下さっているようです。

制作には、3時間ほどかかるようですけどね。

 

この制作用キットは

築地本願寺に集う方々がお送りくださったものです。

 

ご支援有難うございます。

0 コメント

仙台市若林区にて物資搬送!

本日、若松会へ物資搬送に行きました!

りんご、大根、ネギ、はるか、オリーブオイルをお届け。

冬季はお休みされていましたが、毎週集まって昼食作りなどもされておられます。来月から集まりを再開されるそうで、大変喜んでおられました。

ご支援いただきました皆様ありがとうございました☆

 

毎週の集まりとは別に月1回開催しているイベントではお土産を渡すようにされているそうです。その際に渡すものも少ない会費の中から捻出し苦労されているとのこと。

何かお渡しできるものがあると大変助かるそうです。

0 コメント

東北教区相馬組 東日本大震災物故者七回忌追悼法要 修行

福島県南相馬市は原町区常福寺にて『東日本大震災東北教区相馬組物故者七回忌追悼法要』が修行されました。

 

参拝者の方へ北海道教区よりホットミルク、北海道教区十勝組よりいもだんごおしるこ、東海教区額田組よりみそおでんの提供がありました。

阿弥陀経のお勤めの後は、雅楽演奏やご法話がありました。ご講師は震災初期に東北教区ボランティアセンタースタッフをされた佐々中恵雄さんでした。当初から携わってこられた様々な気持ち、言葉にならない気持ちがお堂の中に広まっていました。

 

法要の場も皆様の再会の場になるようで、それぞれの想いの中、ひとときを過ごさせていただきました。

ご支援・ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

0 コメント